オペ看護師 転職

看護師 免許証 資格 白衣の探偵

 

オペ室看護師転職に強いことをご存知でしょうか?

 

オペ室は病棟や外来と違い、独自性の高い看護業務が多いです。

そのためオペ室経験者は非常に優遇されます。

この記事ではオペ看護師が転職に強い理由について解説し、オペ看護師の給料や具体的な仕事内容、メリットなどを合わせてご紹介していきます。

 

オペ看護師は転職に強い3つの理由

 

オペ看護師

 

白衣2

オペ看護師は転職に強いと言われています

 

その理由として、以下の3点が挙げられます。

  1. 経験者優遇のところが多い
  2. 手術室以外でも通用する
  3. オペ室は基本的に人手不足

    それぞれ一つずつ見ていきましょう。

     

     

    経験者優遇のところが多い

     

    手術方法は、基本的にはどこも変わりません。

     

    白衣2

    オペ看護師を経験していると、どこに行っても通用する知識や技術を習得できます

     

    そのため転職を考えたときに、他病院の手術室でも即戦力になるため、優遇されることが多いのです。

     

     

    手術室以外でも通用する

     

    オペ看護師は科に左右されることなく、手術全般に関わります。

    その分人体への知識や手術前後の観察項目など、豊富な知識が問われるのです。

    病棟経験者の場合、診療科によって偏った知識や経験となり、いざ他病棟に配属された時に慣れることができない方が多くいます。

     

    白衣2

    その点オペ看護師は豊富な知識を持っているため、手術室以外の病棟に配属されても対応できます

     

     

     

    オペ室は基本的に人手不足

     

    全国各地にオペ室求人はあります。

    オペ室はその専門性の高さから、人材育成が難しいとされています。

     

    私の友人もオペ室に新卒で配属されました。

    慣れない環境で、これまで勉強したことのない術式や器械の名前を覚えるのが苦痛だったようです。

     

    白衣2

    しかし苦痛は最初のうちだけで、慣れれば基本的な動きは変わらず、イレギュラーな事態が起きなければ、残業もなく帰宅できると話していました

     

    友人の場合は、病棟希望だったので異動希望を出し、異動しましたがオペ室での経験は無駄ではなかったようです。

     

    オペ看護師が転職に強い理由をお伝えしました。

    ここからはオペ看護師の給料や仕事内容、メリットなどをお伝えしていきましょう。

     

     

     

    オペ看護師の給料は?

     

    オペ看護師 給料

     

    オペ看護師の給料は常勤・夜勤ありの場合、平均年収500万前後となっています。

    夜勤なしの場合であれば、年収450万前後程度です。

    【参考】https://career-theory.net/operating-room-nurse-11265#index01

    ただし病院によっては、夜勤ではなくオンコール体制をとっているところもあり、その場合夜勤手当ではなくオンコール手当となります。

     

    白衣2

    またオペ看護師は手術室勤務手当の他に、その仕事の特性上、危険手当を支給してもらえるところがあります

     

    手当だけで月5万前後もらえるところが多い印象です。

     

     

     

    オペ看護師の仕事内容

     

    オペ看護師は手術室専門の看護師です。

     

    白衣2

    手術前後の患者のケアと、手術中の医師のサポート・介助を行います

     

    その仕事は「器械出し」と「外回り」の2つに分かれていますので、それぞれ見ていきましょう。

     

     

    器械出し

     

    オペ看護師 器械出し

     

    器械出しは直接介助とも言われ、手術を直接的にサポートします。

     

    白衣2

    医療ドラマの手術シーンでよく見られる医師に器械を渡している人です

     

    具体的な仕事内容は以下の通りです。

    • 手術器具の判断
    • 手術器具の手渡し
    • 疾患部への処置援助

      器械出し看護師は、手術中最も医師に近い場所にいます。

      そのため手術の進行具合や医師の動きから、手術の流れを先読みし、素早く的確な介助を行う必要があります。

      器械出し看護師のスキルによって、手術のやりやすさが違うと言われるほど、その役割は重要です。

       

       

      外回り

       

      オペ看護師 外回り

       

      白衣2

      外回りは間接介助とも言われ、患者のケアや手術前後の準備・片付け、手術中のサポートを行います

       

      具体的な仕事内容は以下の通りです。

      • 患者の術前の説明
      • 手術中の患者の観察、記録
      • 器具や薬品の準備
      • 手術環境の維持

        器械出し看護師とはまた違った位置から、手術の進行具合を把握し、手術が円滑に進めるよう動いています。

        その仕事は多岐にわたり、器械出し看護師同様、いなくてはならない存在です。

         

         

         

        オペ看護師に向いている人

         

        オペ看護師 向いている人

         

        オペ看護師は病棟とは違い、特殊な環境下での勤務となります。

        業務内容も、他の病棟勤務とは異なりますので「もしかしたら自分には向いていないかも…」と感じる方もいるかもしれません。

         

        オペ看護師に向いている人の特徴や条件は以下の4つです。

        • とっさの判断や対応ができる
        • 成長意欲が高い、スキルアップしていきたい
        • 特殊なスキルを身に付けたい
        • 満遍なく知識を身に付けたい

          一つずつ解説してきましょう。

           

           

          とっさの判断や対応ができる

           

          手術に入ると、緊急事態や急変などが起こる可能性があります。

           

          白衣2

          そういったときに慌てず落ち着いて対応できる方は、医師からも重宝されます

           

          もちろん、初めからとっさの判断ができる方はいません。

          まずは1年勤めて、オペ室での動きなどを把握できるようになると、徐々に緊急時の対応ができるようになってきます。

          少しずつ慣れていきましょう。

           

           

          成長意欲が高い、スキルアップしていきたい

           

          オペ室での勤務では、スキルアップが求められます。

          医療は日々進化していますし、それに伴って手術方法が変更されたり、新しい術式が誕生したりするからです。

           

          白衣2

          成長意欲が高い方や、スキルアップしていきたい方にとっては、手術室はおすすめの勤務先でしょう

           

           

          特殊なスキルを身に付けたい

           

          オペ室ではオペ看護師として、手術前後の患者対応、手術中の医師の介助、外回りなど、一般病棟とは全く違う業務を行うことになります。

          圧倒的に病棟看護師が多い中、オペ看護師になることで特殊な技術、スキルを身に付けられるでしょう。

           

           

          満遍なく知識を身に付けたい

           

          オペ室では診療科に関わらず、手術全般に対応しなくてはなりません。

          もちろん手術室の方針で、特定の科の手術に強い方はいるでしょう。

          しかし最初の数年間は、新人教育といった名目で診療科にこだわらない、さまざまな手術につかされ事が多いです。

           

          白衣2

          そのため一般病棟のように、特定の分野だけでなく満遍なく知識を身に付けることができます

           

           

           

          オペ室看護師がメリットと感じとれるかがカギ!

           

          オペ看護師 メリット

           

          オペ室看護師は、病棟に比べて患者さんと直接的に接する機会も少なく、学生時代に学んできた看護師の仕事内容とは違いますよね。

          オペ看護師は手術による緊張感や立ちっぱなしなどで、肉体的にも精神的にも疲れる仕事です。

           

          ですがその一方で、無事に手術を終えた達成感や、状況を素早く的確に読む力や臨機応変に対応する能力は、オペ室看護師だから身に付くところでもあります。

          必要な知識量は他の病棟看護師に比べても幅広いものですが、その分スキルアップが可能な部署です。

           

          白衣2

          棟に異動した場合でも、実際に中(臓器)を見た経験は強いと言われています

           

          それは、疾患のイメージや治療法が想像しやすいためです。

          将来どんな道に進んだとしても、決してオペ室看護師の経験は無駄にならないところが大きなメリットと言えます。

           

           

           

          まとめ

           

          オペ室看護師の転職に強い理由と給料や仕事内容などをお伝えしてきました。

          いかがでしたでしょうか。

           

          オペ看護師は手術をスムーズに行う上で必要不可欠な看護師。

           

          転職の際にもこれまで培ってきたスキルを活かせるだけでなく、豊富な知識量や判断力は手術室以外でも発揮できます。

          ぜひオペ看護師のメリットを理解していただけますと幸いです。

          最後までお読みいただき、ありがとうございました。