看護師 転職 踏み切れない

看護師 免許証 資格 白衣の探偵

 

看護師って本当に転職ありきな業界だと思います!

 

もちろん1つのところで長く働いている方もいらっしゃいますが、人間関係はもちろんの事。

待遇面や仕事のきつさで転職を考えた事のある看護師率は本当に高いのではないでしょうか?

 

しかし!

 

転職を考えたとしても踏み切れない環境にいるのも事実だと思います。

今回は転職踏み切れない看護師の貴方へ、私からの実体験をもとに解説していきますので、是非チェックしてみてください。

 

転職に踏み切れない看護師あるある

 

転職 踏み切れない 看護師

 

白衣2

私もそうだったのですが転職に踏み切れない看護師といえば、忙しさを言い訳に先送りにしたり、転職活動が面倒というのがあるあるだといえます

 

また情報を集めるだけでも大変そうで疲れてしまう、そういう理由も珍しくないあるあるです。

 

転職したからといって、待遇が良くなったり自分の能力が活かせるとは限らないというのも、自分に対する言い訳の定番ですね。

 

確かに職場が変わるのは不安なものですし、必ず成功する保証がない以上は、リスクを許容できなければ踏み切れないのが普通です。

ただ、現状に不満をいだいていて看護師の仕事に無理を感じているのであれば、一旦現状を客観的に分析して、より良い選択を検討するのが正解でしょう。

 

踏み切れないのであれば、自信を持って踏み切れるように準備をすれば良いだけです。

しかしそこまで考えが回らなかったり、堂々巡りして迷う状態を繰り返してしまうのも、よくあるあるあるのパターンです。

 

いずれにしても、そのような状況を変えるには時に外的な要因が必要になったり、自分一人でどうにかしようと考えない方が良いことが多いです。

考えに考えても結論が出なかったり、状況が変わらないのであれば、考え続けても疲れるだけで意味がないです。

 

そういった時は考えるよりも体を動かして行動した方が、状況が大きく転がり出して好転することも珍しくないと思われます。

 

 

 

転職に踏み切れない時にすべきこと!

 

踏み切れない 転職 看護師

 

白衣2

転職に踏み切れない時にするべきなのはまず、自分一人で考え込まないです!

 

自分のことは自分で考えて結論を出したいというのが、自立志向が強い人に見られる傾向ですが、考え込んでも踏み切れないのであればそれは無意味ですし時間がもったいないです。

まずは意固地な自分を捨てて、不安や悩みを相談できる信頼できる人に打ち明けるのが良いでしょう。

 

看護師仲間であれば相談に乗ってもらえる可能性がありますし、悩みを打ち明ければ共感してくれると考えられます。

転職経験のある先輩看護師なら、より具体的なアドバイスがもらえることに期待できます。

 

誰に相談するにしても、基本となるのは自分一人で考え込まないこと、踏み切れない現状を分析して冷静に将来を考えたり、計画を立てて進めていくことが大事です。

 

 

相談相手がいない場合は?

 

踏み切れない 相談相手

 

白衣2

身近に相談できる人が思い浮かばない場合は、一旦相談相手探しに注力するのもありだと思います

 

焦っても良いことは何もありませんから、焦りそうになったら一度考えるのをやめて、他の楽しいことなどに取り組むのもおすすめです。

案外、考え込むのをやめた方が考えがまとまることも少なくないので、堂々巡りの思考に陥ったら自分一人で考え込まないようにしましょう。

 

同僚や先輩に限らず、親身になって相談に乗ってもらえる相手がいる人は強いです。

看護師でしかも経験者なら更に心強いですし、精神的な支えになってくれるはずです。

 

転職サイトに登録してからの相談もおすすめですし、専門的な観点から有益なサポートを得ることができるので、とにかく一人で考えないような環境を作りましょう。

 

 

 

転職してから感じる踏み切れなかった過去の自分

 

転職 踏み切れない 自分

 

白衣2

これは私の経験談になってしまうのですが、転職してから感じる踏み切れなかった自分は、将来の明確なビジョンが描けなかったことが理由の1つだったとおもいます

 

後で振り返るからこそ分かる過去の自分ですが、思い切って転職してみると吹っ切れたり、転職した目的が明確になることがあります。

誰もが目的を持って転職できるわけではなく、後から転職した目的が明確になることも少なくないわけです。

 

リスクを取るだけのチャンスがあっても、それに気がつかなかったり客観的に把握できなければ、挑戦できる転職もできないです。

逆に、リスクを取ってでもチャンスを掴みたいという強い意志で決断できた人は、転職した目的が明確だったり、現在にも過去にも迷いがないといえるでしょう。

 

失敗を前提と考えて行動できる人は、目的がどのようなものであれ、リスクを取って転職という行動をします。

しかし、リスクを取るのに踏み切れない人は転職しても目的が曖昧だったり、後になって理由をつけることもあります。

 

単に勇気がなかったというのは簡単ですが、踏み切れないのであれば失敗しても大丈夫なように準備をして、思い切って踏み切るのが正解だと結論づけられます。

後から何とでもいうことはできますが、転職に踏み切れないのは恥ずかしいことではなく、多かれ少なかれ迷うのは誰にでもあることだと分かります。

 

 

 

看護師が転職して良くなる事って?

 

看護師 転職

 

白衣2

看護師が転職する事で間違いなく起こるのは環境の変化で、働く場所や人が変わる事による変化が大きなものとなります

 

それによって良くなる事があるとしたら、待遇が改善したり働きやすさが増すことでしょう。

待遇の改善は現状よりも良い待遇の転職先を選ぶ事で、まず間違いなく良い方に変化していきます。

働きやすさについても、勤務時間や休暇の日数、有給の取りやすさ次第で改善します。

 

1から仕事に慣れたり人間関係を構築する必要はあるものの、経験が活かせるので仕事には早くなれる事ができますし、人間関係も構築次第で良好な関係になります。

 

大切なのは転職をポジティブに捉える事、自分次第で良くも悪くもなるのを理解する事です。

 

結局のところ、転職先選びも人間関係も自分で決めるものですから、転職をネガティブに捉えていては良くなるものも良くならないです。

ところがリスクを理解しつつ良くできる事、良くなる事を想像して転職すれば、ネガティブだった事も好転するでしょう。

転職にはこういう大きな変化が期待できますし、転職する事で働きやすい職場と、信頼できる人間関係を得る事が可能となります。

転職して収入が減ったり、人間関係が現状とあまり変わらなければ本末転倒ですが、それは注意すれば回避できる問題です。

 

転職サイトのように相談しやすく、的確なアドバイスがもらえる相手に相談をすれば、もっと具体的な転職する事で得られるメリットの理解が深まるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

看護師が転職に踏み切れないことは決して珍しくなく、誰もが一度は悩んだり結論が出せなくなるものです。

失敗を恐れて踏み切れないわけですが、リスクとそれを取ることで得られる可能性に気がつくことができれば、勇気を出して踏み切ることができるようになります。

 

悩んでいる人に必要なのは、頼れる看護師仲間や先輩に相談したり、転職サイトに登録して相談することです。

自分に合った環境や条件を選んで働けるようになれば、収入や働き方に満足できる結果が得られます。

時間的な余裕が生まれれば、勉強する時間が作れるので、キャリアアップの道もひらけるでしょう。

 

何より新しい環境で人間関係を構築できるチャンスは、自分にとって働きやすい環境と関係を作るのにうってつけです。

上手くできるかどうかは自分次第ですが、大きな変化が起こるからこそ、自分が望む結果を目指して準備をしたり、努力をすることができます。