看護師 退職 強い引き止め

看護師 免許証 資格 白衣の探偵

 

看護師という職業は何度も転職について考えることがあります。

スキル向上のためであったり、もっと経験を積みたいと思う看護師もいれば、人間関係に悩み最終的に退職を望む人もいるでしょう。

 

しかし、現在看護師がとても少なく、常にどこの病院でもクリニックでも看護師を求めていることや、簡単に教育できないという点も含め、強い引き止めをしてくる所が多くあります。

 

辞めたいと希望する看護師の多くは円満退社を望みますが、強い引き止めに合うと自分だけで解決することに時間がかかり、どう行動して良いのか分からないということも少なくありません。

 

では、退職を希望し強い引き止めに合った時、看護師はどのようにすると望む結果を出すことができるのでしょうか。

円満退社するための方法や強い引き止めを行う病院側の気持ちも含め解説していきます。

 

退職するときの強い引き止め

 

退職 強い引き止め

 

最初にお伝えしたように、看護師をしていると退職を望む機会は多くなります。

その理由は人によって様々ですが、退職を希望しても、思う様に辞めることができず悩む看護師も少なくありません。

 

では、なぜ看護師が退職を希望した時、病院側は強い引き止めをするのでしょうか。

その理由について解説していきます。

 

 

新しい看護師を雇うことが大変

 

看護師の勤務状況というのは正直過酷です。

業務内容もそうですが、人間関係に悩む人も多く、それが理由で看護師という資格を持ちつつも違う職種に就く人も少なくありません。

 

そのため、看護師の資格を持つ人は多くても、看護師として働く人は少ないのです。

 

白衣2

看護師が病院を辞めれば、すぐ看護師を入れない限り、他の看護師への負担も大きく、病棟も回らなくなってしまうでしょう

 

転職サイトへの求人を掲載してもらうなどの行動も多くみられますが、そこから看護師が簡単に入職してくることはありません。

病院側は看護師不足を分かっているからこそ、現在働いている看護師がいなくなってしまうのは損害でしかないでしょう。

 

 

一から教育する余裕がない

 

看護職というのは全ての病院やクリニックが同じ仕事とは限りません。

そのため新人看護師が入ってきた際に教育や指導が必要となるでしょう。

 

しかし看護師不足が一つの原因でもありますが、新人看護師に一から指導や教育というのは時間を有することや、ただでさえ忙しいにも限らず更にその時間を取られるのは看護師の負担となります。

 

白衣2

新人看護師を雇うとなると病院側に大きな負担となり、それを考慮しているが故に、もうルールを理解している看護師を手放したくないと強く引き止めるのです

 

 

優秀な看護師は放したくない

 

長期間勤め上げている看護師で、患者からも人気があり、他の看護師とも上手くやっていける看護師というのはそう多くはいません。

そのうえ仕事ができるとあれば病院側にとって貴重な存在となるでしょう。

 

後に役職を任せたいと思っていることもあります。

 

それだけの存在価値のある看護師が辞めると言えば、病院側も焦ってしまいます。

辞めて欲しくないと思うことは当然であり、給与を上げることを提案してきたり、何かと条件をつけて辞めることを引き止めてくるでしょう。

 

 

 

辞めにくくさせようとする看護の世界

 

辞めにくくする 看護師

 

上記のように、現在の看護師の世界は正直働きにくい場です。

前述でも述べましたが、働きやすい病院というのはそう多くはなく、だいたいの病院は看護師の出入りが多いということもあります。

 

白衣2

何か辞めたくなるような理由があり、それを希望しても病院側から条件を出されたり、強い引き止めに合うと、辞めたいという気持ちを突き通すことが難しくなります

 

そのせいで鬱気味になってしまう看護師も少なくありません。

 

病院側の働き方を変えるか、労働に見合った給与を上げるなどいくつかの工夫が必要となってきますが、そう簡単な話でもないので、すぐに看護師が働きやすい環境になるということはないでしょう。

 

 

 

退職にもってこいの理由

 

退職 もってこいの理由

 

では、退職を希望した際に看護師が強い引き止めに合うことを防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

正直な人は、退職理由に本当のことを伝える人も少なくありません。

しかし、退職理由によっては病院側も引き止められるかもしれないと交渉を出してくるでしょう。

 

一度辞めたいと思った気持ちを持った看護師にとって強い引き止めは精神的に辛い状況にしかなりません。

 

では、強い引き止めを受けないためにはどうしたら良いのでしょうか。

それは退職理由に限ります。

 

主にどのような退職理由であれば強い引き止めに合わないのか解説していきます。

 

 

体調不良

 

白衣2

これは事実である必要がありますが、鬱病や不眠症など精神疾患などを理由にすると退職しやすくなります

 

病院側に迷惑をかけることや、療養を理由に退職を希望すれば病院側は何も言えなくなります。

 

その際に診断書を求められることが大半だと思いますので、もらっておきましょう。

 

 

家族関係

 

看護師 家族

 

白衣2

出産や育児、両親の介護など家族が理由で仕事ができないと伝えると、病院側も何も言えなくなります

 

ただし、育児が理由でなおかつ病院に託児所があると、そこに預けることや日勤のみなど様々な理由をつけてくることがあります。

 

そのため、妊娠の際に退職を考えられるのであれば、その時に判断をすると良いでしょう。

 

妊娠している状況によっては、看護職はハードなため辞めるという選択肢を取る看護師も少なくありません。

看護師長や看護部長は女性であることが多いので、出産経験などを得ている人であれば多少の理解を得られるでしょう。

 

 

スキルアップ

 

大きな病院でなければ「資格取得」や「スキルアップ」と言われると病院側も止めようとはしません。

可能であれば、看護師に関係ない資格取得の方が強い引き止めに合うことは少ないでしょう。

 

資格取得を目的にどれくらいで辞めたいと思っているのかも伝えて下さい。

 

白衣2

看護師のスキルアップとなれば、大きな病院の場合には対応できるので、それを理由に強い引き止めをしてきます

 

 

引っ越し

 

引き止め 引っ越し

 

結婚をしていれば、夫の転職に着いていくという理由で退職をすることができます。

結婚をしていなくても住みたい地方への移住を考えているということを理由にもできます。

 

勤務場所が近場ではなく、他の職員に出会う可能性が低いのであれば多少の嘘であってもバレることはありませんが、あまりおすすめはしません。

 

 

 

引き止めに合った時の転職サイトの活用

 

引き止め 転職サイト

 

退職を希望した時にどうしても強い引き止めに合い、自分でどうしも対応できないという時は、第三者に相談をしてみることも一つです。

自力でどうにかしようとしても悩み続け、最終的にはなかなか辞められずズルズルと現状を引きずり、転職活動もできないということもあります。

 

そういう時は、看護師転職サイトのアドバイザーに助けを求めて見て下さい。

 

転職サイトのアドバイザーは、看護師業界のノウハウはもちろん、退職に関してもどのような理由を上げると良いのかということや、強い引き止め理由の対処方法なども紹介してくれます

 

また退職を決めた際の転職活動を全てサポートしてくれることはもちろん、退職までのスケジュールなども管理してくれるので、スムーズに次の活動へ移ることもできます。

 

白衣2

私は転職サイトでアドバイザーから退職についてはもちろんサポートも徹底してくれたことで、短期間で次の職場へ移動することができました

 

 

 

まとめ

 

看護師は精神的にも肉体的にも簡単な仕事ではありません。

それが故に退職を望むこともあるでしょう。

そのような場合には強い退職意思を持ち病院側に伝えることも重要です。

 

強い引き止めに合った際に、辞めようか悩んでいたり、そこまで強い気持ちをもっていなければ、病院に上手く言われ辞めることができないということも少なくありません。

 

退職理由を明確にすることや、多少のバレない嘘であれば問題はないので、そちらを使うこと、場合によっては転職サイトを利用するなど上手く立ち回っていきましょう。