社会保険給付金 自分で申請 デメリット

今回は、看護師がこの先職場を辞める事を考えている方に向けた、社会保険給付金についてお話していきます。

内容的には看護師でなくとも働いているかた全般に向けての内容にもなっていますので、

  • 社会保険の事を分かりやすく知りたい
  • 自分で申請する方法
  • どうしても自分で申請できない場合

等々・・。

気になる方向けの内容となっていますので、是非参考にしてみてくださいね

 

申請が難しい社会保険給付金とは?

 

社会保険給付金 申請 難しい

 

白衣

今日は「申請が難しい社会保険給付金とは?」についてお話しします。

 

このテーマは、看護師の皆さんが退職を考えている時に特に重要となります。

 

まず、社会保険給付金制度とは何でしょうか?

 

これは、仕事を辞めたときに失業保険を含めたさまざまなお金をもらえる制度のことを指します。

これは、働いている間に保険料を払い続けてきたわけですから、当然の権利と言えます。

しかし、この制度を最大限に活用するためには、確実な手続きが必要となります。

 

  • では、どのような手続きが必要なのでしょうか?
  • そして、なぜそれが難しいとされているのでしょうか?

 

その答えは、給付金の申請手続きが複雑で、間違いをすると申請が通らなかったり、給付がストップされる可能性があるからです。

したがって、後悔しないためにも、退職前にしっかりと準備が必要となります。

 

例えば、ある看護師のAさんがいました。Aさんは長年勤めた病院を退職することになり、社会保険給付金の申請をしました。

しかし、手続きが複雑で理解しきれず、結果的に申請が通らず、給付金を受け取ることができませんでした。

Aさんは後悔しましたが、すでに手遅れでした。

 

このような事態を避けるためには、どのような準備が必要なのでしょうか?

 

まず、自分がどのような給付金を受け取る資格があるのかを把握することが重要です。

次に、それぞれの給付金の申請方法や必要な書類、申請期限などを調べ、計画的に行動することが求められます。

また、専門的な知識が必要な場合や、自分で手続きが難しいと感じた場合には、専門家に相談することも一つの方法です。

専門家は給付金の申請手続きに詳しく、適切なアドバイスをくれます。

 

看護師の皆さん、働かなくてもお金がもらえるのは怪しいと思うかもしれませんが、これはあくまで保険料を払い続けてきた結果得られる権利です。

この権利を最大限に活用するために、しっかりとした準備と理解が必要です。

皆さんも退職を考えているなら、今から準備を始めてみてはいかがでしょうか?

 

社会保険給付金アシスト

 

 

 

自分で申請をしなければいけない社会保険給付制度

 

社会保険給付金 自分で申請

 

白衣

多分ここが一番の難関ではないでしょうか?!

 

まず基本的には、自分で申請をしなければいけないのです。

それは、自分がどの給付金を受け取る資格があるのかを調べ、必要な書類を集めて申請しなければ、一円もお金をもらえないということなのです。

しかし、ネット検索ですべて解決するのは難しく、電話をしたり、出向く必要もあります。

また、社会保険給付制度に必要な書類の用意を会社に拒否されることがあったり、必要な診断を病院に拒否されることがあるかもしれません。

さらに、不備のある書類を何度も提出すると、不正受給を疑われることもあります。

 

例えば、

あなたは退職を考えていましたが、社会保険給付金の申請については全く知識がありませんでした。

あなたはネットで調べたり、電話で問い合わせたりしましたが、情報が多すぎて混乱。

また、会社や病院から必要な書類や診断を得るのに苦労。

結果的に、あなたは申請に失敗し、給付金を受け取ることができませんでした。

このような事態を避けるためには、どのような準備が必要なのでしょうか?

 

まず、自分がどのような給付金を受け取る資格があるのかを把握することが重要です。

次に、それぞれの給付金の申請方法や必要な書類、申請期限などを調べ、計画的に行動することが求められます。

 

ここまで来ると専門家にでもなれるくらいの知識が必要に感じてしまいますよね!

社会保険給付金は、退職したから自動で支給されるわけではありません!

自分で必要な書類を用意し、申請しなければならない意地悪な給付金とも言えますね。

 

 

 

意地悪だけど最強な社会保険給付金制度

 

社会保険給付金制度

 

看護師の皆さん、この制度は、失業や休職などで収入が減った場合に、社会保険料の一部を返還してくれるというものです。

 

白衣

しかし、この制度は意地悪で給付金と言いながらも、簡単には頂くことが出来ません!

 

 

まず、申請するには、転職先が決まっていないことが必要です。

つまり、退職後にすぐに新しい職場に就くことはできません。

 

また、1年以上社会保険に加入していることも必要です。

社会保険に加入していない期間がある場合は、その期間は給付金の対象になりません。

 

さらに、年齢が20歳から59歳までであることも必要です。

60歳以上の方は、老齢基礎年金の受給資格があるため、給付金の対象外となります。

 

これらの条件を満たしているとしても、給付金を受け取るには、申請書を提出したり、面接を受けたり、就職活動を報告したりと、手続きが煩雑です。

また、給付金の額は、社会保険料の約半分程度であり、最大で2年間しか受け取れません。

そのため、給付金だけでは生活が厳しい場合もあります。

 

 

白衣

では、なぜこの制度は最強なのでしょうか?

 

それは、失業手当だけではない社会保険を活用する点が、この社会保険給付金制度を最大限に利用するポイントだからです。

社会保険には、健康保険や厚生年金保険などがありますが、これらの保険料も給付金の対象になります。

つまり、社会保険料の一部を返還してもらえるということです。

 

これにより、最大で2年以上合計で数百万円のお金を受け取る可能性があるのです。

 

例えば、月収30万円の看護師が、社会保険料として月に約5万円を支払っていたとします。

この看護師が退職した場合、社会保険給付金制度を利用すれば、月に約2万5千円の給付金を受け取ることができます。

これは、失業手当の約1万5千円と、社会保険料の約1万円の合計です。

この給付金を2年間受け取れば、合計で約60万円になります。

さらに、この看護師が厚生年金保険に10年以上加入していた場合、退職後に年金受給開始年齢に達するまでに、年金の一部を給付金として受け取ることができます。

この給付金は、月に約1万円であり、最大で10年間受け取れます。

これを受け取れば、合計で約120万円になります。

 

つまり、社会保険給付金制度を利用することで、合計で約180万円のお金を受け取ることができる可能性があるのです。

もちろん、これはあくまで一例であり、給付金の額や期間は個人の状況によって異なります。

 

しかし、このように、社会保険給付金制度は、看護師の方にとって、大きなメリットをもたらす可能性があるのです。

もし、あなたが退職を考えている場合は、この制度をぜひチェックしてみてください。

意地悪な制度ですが、最強な制度でもあるのです。

 

 

 

弁護士・社会保険労務士が代行してくれるがデメリット!?

 

代行 デメリット

 

白衣

看護師の皆さん、あなたは社会保険給付金制度の申請を、弁護士や社会保険労務士にお願いできると考えていますか?

 

この社会保険給付制度は、退職や休職などで収入が減った場合に、社会保険料の一部を返還してくれるというものです。

しかし、この制度の申請は、手続きが複雑で時間がかかるため、専門家に任せたいと思う方もいるかもしれません。

 

では、弁護士や社会保険労務士が、どのようにして申請を代行してくれるのでしょうか?

まず、弁護士や社会保険労務士にお願いするには、着手金や相談料が必要になります。

これらの費用は、給付金の額によって異なりますが、数万円から数十万円になることもあります。

 

しかも、返金保証もありません。

 

つまり、給付金が受け取れなかった場合でも、費用は返ってきません。

そのため、弁護士や社会保険労務士にお願いする場合は、費用対効果をよく考える必要があります。

また、弁護士や社会保険労務士にお願いしたとしても、全てを代行してくれるわけではありません。

あなた自身が行わなければならないこともあります。

具体的には、以下のようなことです。

 

 

退職前に必要なこと

 

  • 通院について

おすすめクリニック案内(希望者のみ)
予約時期、医師とのやりとり指導
診断書の取得時期、方法案内
診断書の内容確認
適切な通院方法指導

  • 退職方法について

会社とのやりとり指導
退職日の設定案内
適切な有給休暇の取り方案内
申請書類の送付依頼指導

 

 

初回の申請

 

  • 通院について

申請書類の記入依頼方法指導
記入内容確認
適切な通院方法指導

  • 申請について

申請書類の準備指導
事前手続き、書類記入内容の案内
書類記入内容確認
申請書類の送付時期、送付先案内
追加書類準備、作成、送付指導
会社とのやり取り指導

 

初回の給付金受給後

 

  • 通院について

書類の記入内容確認
適切な通院方法指導

  • 申請について

書類記入内容の案内
事前記入内容確認
送付時期、送付先案内
会社とのやり取り指導
受給中の注意事項案内
追加書類準作成指導
雇用保険の手続き案内
保険組合とのやり取り指導

これらのことは、弁護士や社会保険労務士が代行してくれる範囲(赤字の部分のみ)です。

 

 

 

デメリットだらけの社会保険給付金の代行

 

社会保険給付金 デメリット

 

白衣

社会保険給付金を代行してもらうためには、あなた自身が弁護士や社会保険労務士と連絡を取ったり、必要な書類を提供したりする必要があります。

 

また、弁護士や社会保険労務士によっては、これらのことを代行してくれない場合もあります。

そのため、弁護士や社会保険労務士にお願いする場合は、事前に契約内容をよく確認する必要があります。

 

例えば、月収30万円の看護師が、社会保険給付金制度の申請を弁護士にお願いしたとします。

この看護師が、着手金として10万円、相談料として5万円を支払ったとします。

この場合、弁護士は、上記のことを代行してくれますが、給付金が受け取れなかった場合でも、費用は返ってきません。

また、弁護士との連絡や書類の提供は、あなた自身が行わなければなりません。

この看護師が、給付金を2年間受け取れたとしても、合計で約60万円になります。

 

つまり、弁護士にお願いすることで、給付金の約1/4を費用として支払うことになるのです。

 

もちろん、これはあくまで一例であり、弁護士や社会保険労務士によっては、費用やサービスが異なる場合もあります。

しかし、このように、社会保険給付金制度の申請を弁護士や社会保険労務士にお願いする場合は、メリットだけでなくデメリットも考える必要があります。

 

もし、あなたが弁護士や社会保険労務士にお願いすることを検討している場合は、費用や契約内容をよく確認してください。

弁護士や社会保険労務士は、あなたの代わりに申請をしてくれますが、全てを任せることはできません。

 

これでは給付金を貰う前に精神的なデメリットしか感じないかもしれません!

 

 

 

社会保険給付金アシストとは?

 

社会保険給付金アシスト

 

先ほどの内容で行くと大半の方は諦めてしまうのではないでしょうか?

ここからご紹介する社会保険給付金アシストでは、そんな不満を抱えている皆様に 本来受けられるであろう社会保険給付を活用した給付金の申請アシストを行っております。

 

 

万一受給できなかった場合は全額返金保証

 

「社会保険給付金アシスト」では、着手金や相談料などの費用は、給付金が受け取れた場合のみ発生します。

もし、給付金が受け取れなかった場合は、費用は全額返金されます。

つまり、金額的な損が発生するリスクはありません。

 

 

最大受給期間はなんと28カ月!

 

「社会保険給付金アシスト」では、給付金の受給期間を最大限に延ばす方法を提案してくれます。

通常、給付金の受給期間は、退職後2年間ですが、このサービスでは、厚生年金保険に加入していた期間に応じて、さらに6カ月から10カ月延長することができます。

つまり、最大で28カ月もの間、給付金を受け取ることが期待できます。

 

 

お客様の状況、退職後の予定を丁寧にヒアリングする調査活動

 

「社会保険給付金アシスト」では、申請人の状況や退職後の予定を丁寧にヒアリングして、最適な申請プランを作成してくれます。

例えば、退職前に通院するクリニックの選び方や予約時期、退職日の設定や有給休暇の取り方など、申請に影響する要素を細かくチェックしてくれます。

また、退職後に雇用保険や年金の手続きをする際の注意点や方法も教えてくれます。

 

 

受給額増額で一人あたりおよそ数十万円~数百万円も

 

「社会保険給付金アシスト」では、給付金の額を最大限に増やす方法を提案してくれます。

 

例えば、社会保険料の計算方法や診断書の記入内容など、給付金の額に影響する要素を最適化してくれます。

また、追加書類の準備や送付方法など、申請の進捗をスムーズにする方法も教えてくれます。

 

これにより、一人あたりおよそ数十万円から数百万円もの給付金を受け取ること期待できます。

 

 

申請条件や申請ステップをわかりやすくお伝えする「申請アドバイス」

 

「社会保険給付金アシスト」では、申請条件や申請ステップをわかりやすくお伝えしてくれます。

例えば、申請に必要な書類や記入方法、申請のタイミングや送付先など、申請に関する基本的な情報を教えてくれます。

また、申請中に発生する可能性のある問題や対処法も教えてくれます。

これにより、申請に不安や疑問を感じることなく、安心して進めることができます。

 

 

専門的なサポートチームと安心して進捗共有できる「万全サポート」

 

「社会保険給付金アシスト」では、専門的なサポートチームが、申請の開始から終了まで、常にお客様のサポートをしてくれます。

例えば、申請書類の作成や確認、申請の進捗状況の報告、申請に関する質問や相談の対応など、申請に関するあらゆることをサポートしてくれます。

また、サポートチームとは、メールや電話、オンラインでの面談など、様々な方法で連絡を取ることができます。

これにより、申請の進捗を常に把握でき、安心して申請を進めることができます。


社会保険給付金アシスト

 

 

 

社会保険給付金アシストの給付までの流れ

 

社会保険給付金アシスト 給付

 

白衣

看護師の皆様へ、社会保険給付金アシストの給付までの流れについて説明します。

 

このプロセスは5つのステップから成り立っています。

 

  • STEP1: お問い合わせ(LINEorメール)

まずはお気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

例えば、「給付金の申請はどのように進めればよいのでしょうか?」といった具体的な質問を投げかけてみてください。

 

  • STEP2: 無料WEB説明会&個別相談

適用条件をご確認後、制度の概要やサービス内容を担当コンシェルジュが無料WEB説明会で説明。

専門的な内容もわかりやすくお伝えします。

説明会にご参加後、お客様に合わせた無料個別相談を行います。

対面やWEBでの個別相談では、担当コンシェルジュより状況に合わせたご提案。

 

  • STEP3: サービス開始

内容に同意していただけた場合、お申し込みを行います。

契約書を交わした上でサービス料金をお支払いいただき、サポートを開始。

サポートには「chatwork」という機能性に優れたチャットツールを使用します。

担当コンシェルジュより操作方法を丁寧にお伝えします。

 

  • STEP4: 必要書類準備・提出

給付金の申請に必要な書類を用意します。

必要書類がすべて揃いましたら所定の機関へ提出します。

必要な書類や記入方法等、複雑な申請もひとつひとつ丁寧にサポートします。

 

  • STEP5: 審査・受給確定

書類提出後、審査が開始します。

審査が完了し無事に受給が確定すると、約1~2週間でお客様の指定口座に給付金が振り込まれます。

以上が社会保険給付金アシストの給付までの流れです。

 

 

 

まとめ

 

社会保険給付金についてお話していきましたがいかがでしたでしょうか?

 

これは、どう考えても簡単な申請方法ではない事がわかります。

社会保険給付金の申請はハードルが高い事を感じてしまうのではないでしょうか?

たしかに給付金には大きな魅了がありますが、それ以上に難しい申請だという現実があります。

 

もし社会保険給付金を活用したいのであれば、「社会保険給付金アシスト」を利用してみてはいかがでしょうか?

 

退職後の金銭面には不安がありますよね?

「社会保険給付金アシスト」なら、アドバイスと万一受給できなかった場合は全額返金保証があるので安心ですね。


社会保険給付金アシスト